自律神経失調の症状を緩和する方法|健康体を維持しよう

医者

健康的な生活を送るために

待合室

脊柱管狭窄症は手術で治療をして、リハビリで運動療法を行います。脊柱管は身体の真ん中にある背骨や腰を支えている重要な部分です。ですから、しっかりリハビリを続ける事が大切です。

もっと見る

免疫力アップ

カウンセリング

歳を重ねることで、体の組織やホルモンバランスが崩れてしまうことがあります。また、ホルモンバランスが崩れてしまうことで、免疫が低下してしまい病気を発症しやすくなります。それを防ぐ為には免疫治療を受けると良いでしょう。

もっと見る

特徴的な症状

医師

現代病として対策が必要になりつつある病気として、自律神経失調症があります。自律神経失調症はストレスや私生活によって発症すると言われていて、自律神経のバランスが崩れることで様々な症状を発症してしまいます。自律神経失調症の代表的な症状として、頭痛や耳鳴り、慢性的な疲れ目、動悸や食欲不振、代謝機能の低下や精神状態の不安定などがあります。自律神経は名前の通り自立している神経で、基本的には意識的に操作することはできません。そもそも自律神経は生命活動を司る神経で、反射的に時々にあった身体操作を行います。自律神経が行う役割として精神の調整があります。精神の調整とは外的な情報に対し感情的な表現をしたり、それに伴う生理現象を引き起こしたりします。例えば怖い思いをして心拍数が高くなる時も自律神経が大きく活躍しています。もしこれが上手く調整できなければ恐怖に対する反応が鈍ることになり、生命的な危機に出会った時に逃げ遅れることになります。心拍数が高くなるのはすぐにでも逃げ出せるよう心臓のアイドリングを行うためです。自律神経は神経の調整も行います。冬に寒くなれば汗が止まり、保温するように体が変化し、夏になれば温度を下げるために発汗しますが、これも自律神経の働きによるものです。またホルモンの分泌も行い、ホルモンに支配されている割合が大きい女性などは自立神経失調症になるとホルモンバランスが大きく崩れる原因になります。このように意識しなくとも自律神経は常に働いており、自立神経失調症になるとこれら働きができなくなったり、鈍くなります。人によって発症する症状は異なり、前述した代表的な症状以外に薄毛になったり、冷え性を発症したり、生理不順、EDといった目に見える症状を発症する場合もあれば、慢性的な不安症やイライラ、集中力の欠落といった一見すると自律神経失調症と気づきにくい症状を発症することもあるでしょう。

閉経でおきる様々な症状

聴診器

女性特有の更年期障害通信です。更年期には卵巣の働きの低下してしまい、加齢と共にエストロゲンは減少する傾向があります。減少したホルモンを補う治療が有効だと言えるでしょう。

もっと見る